« タイのブラパー大学(3):BUUICの概要 | トップページ | タイのブラパー大学(5):大学近郊の風景 »

2016年3月 8日 (火)

タイのブラパー大学(4):学生寮とゲストハウス

大学内のゲストハウスに私は宿泊させて頂いた。ゲストということで8階建ての最上階。その階下は一般の学生や留学生のための宿泊施設になっている。Cimg2774建物はカードによって出入りが管理されており、不審者の侵入が防止されている。学生寮には350名が居住しており、男女別に建物が区別されている。写真下のピンク色は女子寮である。Cimg2664外国人留学生は中国・インドネシア・韓国・フランス・米国などだが、日本人はいない。「日本人代表」という環境は、語学力やコミュニケーション能力を高めるために絶好の環境である。ブラパー大学に入学して米国やフランスの大学に単位互換制度で短期留学する。学費や生活費が安いだけに新しい日本人の勉強スタイルになっても悪くない。
Cimg2669すでに紹介した学内のローソンは「日本品質」を強調している。タイでは圧倒的に7-11が店舗展開しているが、どうも現地化しているようである。これに対してローソンは日本的な特徴を打ち出して、市場浸透を目ざしているようである。さらにファミリーマートが競争に加わる。タイのコンビニ業界の競争戦略は注目である。写真下はローソン店舗の側面。Cimg2667写真下は、3月3日から開催されたチョンブリ県の物産展示会である。かつての日本で流行した「一村一品」の産業振興がタイで継続していると考えて良い。なかなか外国人が買うという商品はないのだが、私は「胡麻付きピーナッツ」を買った。ビールの「おつまみ」用である。Cimg2757この物産展、やはりタイは農業国という印象であった。自然素材を使用した化粧品や健康食品が販売されていた。外国人向け展示会ではないのが残念であった。

|

« タイのブラパー大学(3):BUUICの概要 | トップページ | タイのブラパー大学(5):大学近郊の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/64320935

この記事へのトラックバック一覧です: タイのブラパー大学(4):学生寮とゲストハウス:

« タイのブラパー大学(3):BUUICの概要 | トップページ | タイのブラパー大学(5):大学近郊の風景 »