« タイのブラパー大学(2):大学の歴史 | トップページ | タイのブラパー大学(4):学生寮とゲストハウス »

2016年3月 7日 (月)

タイのブラパー大学(3):BUUICの概要

私が訪問した学部は、BUUIC(Burapha University International College)である。「カレッジ」という名称なので短期大学かと思ったのだが、4年生の大学であり、経営学士(Bachelor of Business Administration)、芸術学士(Bachelor of Arts)、美術工芸学士(Bachelor of Fine and Applied Arts)の学位を授与している。Cimg2680学費は、経営学士と芸術学士のコースで4年間で49万バーツ(約16,340米ドル、1米ドル=30バーツ)。美術工芸学士のコースで85万バーツ(約28,340米ドル)である。これらの中には、教科書、集中英語コース(120時間)、インターネット使用料、英語補習コース、図書館使用、コンピュータや実験室使用、調査訪問が含まれている。そのほかに健康保険の経費が毎年2,500バーツ。写真下は、創立13年になることを掲示している。Cimg2691経営学士コースの中には、マーケティング、物流管理、国際経営、国際ホスピタリティ・観光マネジメント、ファイナンスのプログラムが含まれている。Cimg2688_2学部長のラナ氏(Rana Pongruengphant:写真上)は、学部案内の中で次のように挨拶している。BUUICにおける私たちの目的は、皆さんの正しい選択を支援することです。BUUICの包括的な履修科目を飛躍台として皆さんは、チームワーク・技能・クリティカル分析・意思決定・リーダーシップなどの本質的なビジネス能力を開発させることができるでしょう。皆さんは、BUUCIが確かに、意欲と才能のある学生のための非常な特別な場所であることを確かに見いだすでしょう。

|

« タイのブラパー大学(2):大学の歴史 | トップページ | タイのブラパー大学(4):学生寮とゲストハウス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/64315017

この記事へのトラックバック一覧です: タイのブラパー大学(3):BUUICの概要:

« タイのブラパー大学(2):大学の歴史 | トップページ | タイのブラパー大学(4):学生寮とゲストハウス »