« ハノイのイオンモール(1) | トップページ | 謹賀新年 2016年 »

2015年12月31日 (木)

ハノイのイオンモール(2)

イオンモールの建物内ば、広くてきれい。多数のベトナム人の評判通りである。ただし、そういった顧客が買ってくれるかどうかは別問題である。20151228_170731a
多数の人々が「見に来る」が「買わない」という現状は、ベトナムのみならず一般の途上国に進出したショッピングモールで普通に見られる。その分析が不可欠である。20151228_185743a_2この場合、消費者の所得が低い現状があり、所得向上に伴って来客も増えると単純に考えてしまうことがある。その理由を多数が納得する。しばらくは「体力勝負」「忍耐力」が必要という結論になる。しかし、それは最初から予想できたことであろう。分析になっていない。20151228_171303aたとえばハノイ市内のロッテマートは、100万ドン以上の買い物に対して10万ドンの買い物券を配布し、さらにロッテマートのカードの割引きポイントも付く。買い物券の配布は、ロッテのイオン進出に対する対抗策と思われるが、現状なら、合理的な消費者はロッテマートを選択するだろう。

イオンの社是である「環境緑化」は、日本企業の好イメージを提供しているが、ベトナム人の購買に直接は結びつかないのではないか。

この意味で、いわゆる「ショッピングモール」ビジネスの「百貨店化」が懸念される。この意味は、百貨店が衰退した要因とされる「場所貸しビジネス」の悪魔的な誘因が、ショッピングモールにも潜んでいないかという疑問である。小売り業の原点は販売力。いかに売るか。この原点からの問いかけが、ベトナムや日本に共通して求められる。







|

« ハノイのイオンモール(1) | トップページ | 謹賀新年 2016年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/63249729

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイのイオンモール(2):

« ハノイのイオンモール(1) | トップページ | 謹賀新年 2016年 »