« 発見:映画「インドシナ」と「ベトナムの風に吹かれて」共通の出演者 | トップページ | 本格的な研究学術交流をする:英国と日本 »

2015年11月10日 (火)

これがベトナム?

日本のODA資金が中心となり、ホーチミン市で公共鉄道(地下鉄+地上鉄道)の建設が進行中である。Cimg2434_2右から左に走る灰色の直線が、鉄道軌道である。その沿線に高層ビルの建設が進む。さらに駅周辺の再開発、不動産価格の上昇が予想される。

こういった公共鉄道の普及は、ベトナムの特徴となっている「バイクの洪水」を果たして緩和することになるのだろうか?ハノイに限って言えば、公共バスがハノイ市内に導入された当時、公共意識または倹約意識の高いベトナム人は、バイク通勤をやめてバス利用を始めた。

ホーチミン市の公共交通の導入が及ぼす社会的な影響はどうか?興味深い研究調査の課題であると思われる。同様の公共交通の建設はハノイでも進行中だが、どうやらこれは韓国企業が受注したようである。

ベトナムが次第に変貌していく。少なくとも経済も社会も悪い方向には進んでいないように私には思われる。それが発展途上国と言われるゆえんであり、その魅力でもある。

|

« 発見:映画「インドシナ」と「ベトナムの風に吹かれて」共通の出演者 | トップページ | 本格的な研究学術交流をする:英国と日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/62390844

この記事へのトラックバック一覧です: これがベトナム?:

« 発見:映画「インドシナ」と「ベトナムの風に吹かれて」共通の出演者 | トップページ | 本格的な研究学術交流をする:英国と日本 »