« ビジネスとして考える映画製作(1):問題の背景と意識 | トップページ | 「企業論」講義記録(3):IPOと非上場会社 »

2015年10月15日 (木)

『徹子の部屋』に松坂慶子が出演:映画「ベトナムの風に吹かれて」

本日10月15日(木)正午からの『徹子の部屋』に松坂慶子がアオザイ姿で登場する。

もちろん主演映画『ベトナムの風に吹かれて』についても語る。次いで10月16日(金)には、関西地方の長寿ラジオ番組・MBS毎日放送『ありがとう浜村淳です』に松坂慶子と大森一樹監督が出演する。

10月17日(土)の全国公開を前にして、本映画に向かう人々の関心を次第に高めるという「マーケティング戦略」である。

松坂慶子・藤江れいな・大森一樹を含む舞台挨拶は、東京では10月17日(土)午前10時から有楽町スバル座、大阪では10月18日(日)午前10時30分からなんばパークスシネマで開催。その後に映画上映が始まる。
詳細は、映画公式のHPを参照。http://vietnamnokaze.com/

テレビにスポットCMを入れるような「大作」ではないが、その感動が「口コミ」で拡散される映画である。事実、9月26日から先行上映されている新潟では、その過半数の映画館で上映期間の延長が決定されている。

|

« ビジネスとして考える映画製作(1):問題の背景と意識 | トップページ | 「企業論」講義記録(3):IPOと非上場会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/62050528

この記事へのトラックバック一覧です: 『徹子の部屋』に松坂慶子が出演:映画「ベトナムの風に吹かれて」:

« ビジネスとして考える映画製作(1):問題の背景と意識 | トップページ | 「企業論」講義記録(3):IPOと非上場会社 »