« ベトナム最低賃金が2016年から12.4%上昇(上) | トップページ | おしゃれな喫茶レストラン店 »

2015年9月13日 (日)

ベトナム最低賃金が2016年から12.4%上昇(下)

最低賃金12.4%の上昇とは、具体的には次のような金額になる。
(注) 1ドル=22,000ドンとして計算。ベトナム通貨ドンの対米ドル為替レートの8月の「切り下げ」によって、賃金上昇の金額は米ドル表示では若干低下した。

・第1地域:350万ドン=159.1米ドル(40万ドン上昇)

・第2地域:310万ドン=140.9米ドル(35万ドン上昇)

・第3地域:270万ドン=122.7米ドル(30万ドン上昇)

・第4地域:240万ドン=109.1米ドル(25万ドン上昇)

これらの地域的な相違は、各地域の生活物価水準の相違に対応している。労働集約的な産業はベトナムの地方に進出が検討されてもよい。第4地域は第1地域の77%の賃金となっている。

この賃上げ水準について労使双方は次のように述べている。VGCLのチン(Mai Duc Chinh)副会長によれば、当初の目標14.3%に到達しなかったが、経営側すなわち雇用者が直面する課題を喜んで労働者は引き受けるだろう。VCCIのフォン(Hoang Quang Phong)副会頭は、12.4%の賃上げはベトナムのビジネス部門に多大の圧力をかけると述べた。また同時に、経済統合に向けた改善や生産性の向上に企業は努力しなければならないとも指摘した。

チン副会長によれば、現実には、労働者の多数が最低賃金よりも高い賃金を受け取っている。しかし企業は社会保険料の支払いについて影響を受ける。2018年から従業員の実際の所得に基づいて保険料が計算されるからである。

ベトナム縫製アパレル協会のザン(Vu Duc Giang)会長によれば、この上昇率は地元の縫製衣料会社に圧力をかけることになり、業界全体で社会保険料は6兆ドン(約2億7,273万米ドル)、労働組合費は4,500億ドン(約2,045万米ドル)を追加的に負担しなければならない。

|

« ベトナム最低賃金が2016年から12.4%上昇(上) | トップページ | おしゃれな喫茶レストラン店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/61467917

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム最低賃金が2016年から12.4%上昇(下) :

« ベトナム最低賃金が2016年から12.4%上昇(上) | トップページ | おしゃれな喫茶レストラン店 »