« プノンペンの「和民」:なかなかの人気店 | トップページ | カンボジア保険業界の現状:ワッタロー協会会長と面談 »

2015年9月20日 (日)

命日:中内功と「塩爺」と・・・・・・

昨日9月19日は、ダイエー創業者、私の勤務先・流通科学大学の創設者であった中内功の命日である。今年で10周忌になる。

また9月19日に、私が提案者となって流通科学大学の「公開講座」にお招きした塩川正十郎(「塩爺」)氏が逝去された。講演準備のために東大阪市の事務所に伺ったことがある。

さらに9月19日に、安保法案(「戦争法案」)が国会で成立した。これを換言すれば、日本の立憲主義・憲法の「命日」とも言える。これらの意味で9月19日は、私にとって意味深い日となった。

「戦争法案」によって戦争の「抑止力」が高まるという与党や賛成派の見解は理解できないこともないが、それだからと言って、大多数の憲法学者・元裁判官・弁護士会が憲法違反と断言している法律を強行採決することは「立憲国家」の終焉と言わざるをえない。

その時々の状況で憲法を自由に解釈できることは、それ自体が「独裁国家」の途を拓くものである。甘言を弄して政権を取れば、その後は何でもできる。これを独裁国家というのではないか。もっとも「終わりは始まり」。民主主義・国民主権に向けた新たな運動が始まることも当然である。

流通産業は平和産業である」と断言した中内功は、今回の「戦争法案」に強く反対したと私は確信している。他方、彼は現実主義者であり、実業家であるから、現政府の批判を露骨にはしなかったかもしれない。

「塩爺」は、古き良き時代の自由民主党を象徴する人物であると思う。山崎拓や古賀誠・野中広務・加藤紘一といった人々と同様に、やはり今回の安保法制(戦争法案)の成立に反対したのではないか。

以上、9月19日に思うことを本ブログで紹介し、記録に留めておきたいと思う。

|

« プノンペンの「和民」:なかなかの人気店 | トップページ | カンボジア保険業界の現状:ワッタロー協会会長と面談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/61683087

この記事へのトラックバック一覧です: 命日:中内功と「塩爺」と・・・・・・:

« プノンペンの「和民」:なかなかの人気店 | トップページ | カンボジア保険業界の現状:ワッタロー協会会長と面談 »