« ロッテ財閥の内紛:「経営の身分化」の弊害 | トップページ | 増える日本料理店:徒歩5分に新たに開店 »

2015年8月 8日 (土)

ハノイに戻って来た!

ハノイに着いた。国際空港の新しい施設が昨年末から利用されているというのに、今でも入国管理のブースには長い行列ができている。こういう観光客の不満を当局者は想像できないのであろうか?

関西空港からダナンの国際線から国内線の乗り継ぎはどうなっている?両線の施設間の移動にはタクシーを未だに利用するのか?バスは運行しているのか?
・・・・・・たとえば旅行会社「テルミクラブ」のダナン旅行は、ハノイではなくホーチミンを経由する。ハノイの方が時間的にも距離的にも近いにもかかわらず・・・。

こういった疑問や不満を持ちながら空港の外に出た。日本の暑さとは質の違った暑さであった。ほとんど渋滞なくホテルに到着。かつてタンロン工業団地を眺めてハノイに来た実感をもったのだが、それは今や遠回りのルートとなった。

その後、定宿のホテルで決まったように変圧器や電気コードをセットして、決まったように着替え・常備薬・書類・洗面用具を机や椅子やバスルームに設置。

それが終わって近くのスーパーマーケットで缶ビールなどを買う。こうなるとベトナムの日常生活に戻った気分になって精神的に安定する。そして元気が出てくる。

注:このスーパーマーケット・VIN MARTは、たまたま「安売り日」で行列ができていた。COOPMARTから数えて3店目のVINCOMタワーの入居店舗であるが、少なくともビールは品揃えが最も豊富である。アサヒビールからサッポロビール、ラオスビール、地方ビールのフューダからラルーまで揃っている。しかも陳列が目の高さで選択しやすい。販売陳列のプロの仕事と納得できる。

今回、ベトナム訪問中にラオスに出国するので「マルチビザ」の取得が必要となる。これも面倒なことだが、大阪ベトナム総領事館の知人に会う機会ができるというメリットはある。

|

« ロッテ財閥の内紛:「経営の身分化」の弊害 | トップページ | 増える日本料理店:徒歩5分に新たに開店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/61096916

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイに戻って来た!:

« ロッテ財閥の内紛:「経営の身分化」の弊害 | トップページ | 増える日本料理店:徒歩5分に新たに開店 »