« 増える日本料理店:徒歩5分に新たに開店 | トップページ | 松坂慶子:ベトナム航空機内誌『ヘリテッジ』インタビュー »

2015年8月10日 (月)

ベトナム人の食事会に参加する・・・

ベトナム訪問の主要な目的は、映画「ベトナムの風に吹かれて」のハノイ試写会の準備をするためである。8月18日午後から国立シネマセンターで400人規模で開催される。この開催については、国際交流基金の助成もある。

日本とベトナム初めての合作映画なのだから、文化芸術交流を支援するという同基金の目的に合致している。

この合作映画のベトナム側企業であるドンドショー社のオアイン社長とその友人たち8名ほどと夕食をご一緒した。新聞社の編集長やベトコンバンクの幹部などが参加し、映画上映の宣伝という目的もあったようだ。Cimg1159日本人は私ひとりであったが、こういう夕食会は疲れる。ともかく気を遣う。何か冗談も言わなければならないし、お酒をつぐことも必要である・・・私は日本でお酒をついで回ることはやったことがない。勝手に飲めばよいと思っているからである。

ここで珍しかったのは、写真上の川魚料理(美味しかった)よりも写真下の「おこわ:餅米」であった。ご飯の上に何がかかっているかと試したが、揚げタマネギのスライスであった。Cimg1162これが悪くない組み合わせである。このような場合、日本の「ふりかけ」が使用されてもよいのではないか。かつてベトナムでも日本の「ふりかけ」が発売されたことがあったが、少し値段が高いこともあり、ヒット商品にはならなかった。しかし所得が向上している今なら、「ふりかけ」が注目されるのではないか。発展途上国の新商品の開発と市場投入は、「時期尚早」
に注意しなければならない。再び市場で発売し、今度はヒットの可能性はあると私は思う。

|

« 増える日本料理店:徒歩5分に新たに開店 | トップページ | 松坂慶子:ベトナム航空機内誌『ヘリテッジ』インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/61172627

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム人の食事会に参加する・・・:

« 増える日本料理店:徒歩5分に新たに開店 | トップページ | 松坂慶子:ベトナム航空機内誌『ヘリテッジ』インタビュー »