« 映画「ベトナムの風に吹かれて」ハノイ試写会(続々) | トップページ | ハノイの喫茶店でも掲示:ベトナムの風に吹かれて »

2015年8月22日 (土)

大阪ベトナム総領事館で掲示:「ベトナムの風に吹かれて」

10月17日から大阪で上映される映画「ベトナムの風に吹かれて」のチラシが、関西の上映劇場である「なんばパークス」に設置されている。

また下記のように、大阪ベトナム総領事館の領事部も掲示されている。

20150807_143024a_2
映画撮影が完成し、次に観客をいかに集めるか。作品それ自体には自信があっても、それを多数の人々に見て頂かなければ、その作品は失敗となる。映画も通常のビジネスと同様である。

これまでの広告宣伝の手段は、チラシやポスター、それにテレビのスポット宣伝、それに新聞広告であったが、これからはFACE BOOKなどSNSが主要な広告宣伝の手段となる。

しかし、こういった情報媒体は、本映画の主要なターゲットとなる中高年層の観客に余り使用されない。ここが問題である。そうは言うものの、こういった「大人の映画」があることを、何とか多数の人々に知ってもらいたい。

この意味で、「ベトナムの風に吹かれて」は新しい観客セグメントに向けた新しい映画である。そのための広告宣伝は、主演の松坂慶子さんの「メディア露出」に依存するだけでなく、何か新しい工夫が必要かもしれない。

|

« 映画「ベトナムの風に吹かれて」ハノイ試写会(続々) | トップページ | ハノイの喫茶店でも掲示:ベトナムの風に吹かれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/61207264

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪ベトナム総領事館で掲示:「ベトナムの風に吹かれて」:

« 映画「ベトナムの風に吹かれて」ハノイ試写会(続々) | トップページ | ハノイの喫茶店でも掲示:ベトナムの風に吹かれて »