« 「れいにゃん」が映画のお知らせ | トップページ | 小山内宏『ヴェトナム戦争』を読む:戦略と経営戦略 »

2015年6月17日 (水)

「ベトナムフェスティバル」が代々木公園で開催

Vtnum_flyera6月13日(土)と14日(日)にベトナムフェスティバルが東京・代々木公園で開催された。私は14日(日)午後に初めての参加。地下鉄・代々木公園駅から歩いている間、周辺からはベトナム語が聞こえてきた。まさしく全国の「ベトナムの祭典」といった雰囲気である。Cimg1156「日本ベトナム友好協会」のテント前で話しを聞くと、全国のベトナム人の友人や親戚の「待ち合わせ」場所にもなっているそうである。Cimg1130昨年は、代々木公園の蚊が媒介して「デング熱」が発生したために開催が中止になったそうであるが、今年は再開。土曜日の開会式には政界からも多数参加。公明党の山口委員長が挨拶されたそうである。写真上は「水上人形劇」の実演である。Cimg1134写真でも緑色の水面が見えるが、ベトナムではともかく、やはり日本では「入浴剤」で代用するのだろうか・・・しょうもない想像である。写真下は「日本ベトナム友好協会」のテントであるが、そこに日本ベトナム合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(主演:松坂慶子、共演:草村礼子、監督:大森一樹)のポスターを貼らして頂いた。
Cimg1145冒頭のポスターは未確定版であるが、それと同じ「チラシ」を通行の入場者に私も20枚ほど配布した。10月公開(新潟では9月先行上映)となると現在の配布は時期尚早。したがって大量配布しなかった。この意味で映画ファンにとって本日のチラシは貴重品。テレビ番組の「鑑定団」に出せば、プレミア価格が付くかもしれない・・・これも、しょうもない想像。Cimg1138本格的な露天のベトナム料理もあり、盛況なベトナムフェスティバルであった。世界の大都市・東京の集客力に圧倒されたひと時であった。なお、同じ日に近くの国会議事堂前では「戦争法案」反対の集会が開催されていたそうである。戦争に向かう日本と平和を謳歌するベトナム。対照的な印象をもった。

|

« 「れいにゃん」が映画のお知らせ | トップページ | 小山内宏『ヴェトナム戦争』を読む:戦略と経営戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/60420573

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベトナムフェスティバル」が代々木公園で開催:

« 「れいにゃん」が映画のお知らせ | トップページ | 小山内宏『ヴェトナム戦争』を読む:戦略と経営戦略 »