« 『経営学大図鑑』で「誤訳」を発見した! | トップページ | セミナー余話:関西の活性化はカジノよりベンチャーで! »

2015年6月 8日 (月)

起業を学ぼう!「会社を創る」という選択肢:セミナー報告

去る6月1日(月)、大学生・大学院生・専門学校生対象の表題のセミナーが、グランフロント大阪北館タワーB10階、ナレッジキャピタルカンファレンスルームで開催された。私は、学生の引率のために参加した。学生はもちろん私にとってもか有意義なセミナーであった。1024x576主催:日本証券業協会大阪地区協会、共催:大阪府

後援:大阪市、近畿財務局、近畿経済産業局、公益社団法人関西経済連合会、一般社団法人関西経済同友会、大阪商工会議所、一般社団法人ナレッジキャピタル

プログラム:
1.挨拶
 日本証券業協会大阪地区協会 地区会長 乾 裕
 (エース証券株式会社・代表取締役社長)

2.講演Ⅰ 「知っておきたい起業のポイント」
 中小企業診断士 岡島卓也

3.講演Ⅱ 「起業時の志」
 株式会社 鳥貴族 代表取締役社長 大倉忠司

4.参加者交流会 軽食・ソフトドリンク付

本セミナーにおいて大倉氏の前向きの指摘は説得的・感動的であった。

「人は心に描くものになれる。あきらめなければ・・・。」

「壁にぶつかっても、自分を信じ続けられた。根拠なき自信でも良い。この俺が失敗するはずがない。俺は運がよい。」

「本業以外でもうけたくない。」

「宝くじは買わない。俺は運がよいので実際に当たると、本業がおろそかになる。」

「壁や悩みがあって自分は成長すると思う。これは事実だ。」

大倉氏は、以下のように自社を紹介された。ダイエー・故・中内功氏の影響を受けて、バイイングパワーを付けるために焼き鳥屋の全国チェーンストアを目標にした。また、全社員に社長になるチャンスを提供するために世襲しない方針。また「水商売」と言われた外食産業の社会的地位の向上を目標にした。その結果、創業29年で株式上場を果たした。

大倉氏には、私の勤務先の流通科学大学でもご講演を賜っている。また学生に聞けば、「関ジャニ∞、大倉忠義」のお父さん・・・と言っていた。「へェー」である。

|

« 『経営学大図鑑』で「誤訳」を発見した! | トップページ | セミナー余話:関西の活性化はカジノよりベンチャーで! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/60255178

この記事へのトラックバック一覧です: 起業を学ぼう!「会社を創る」という選択肢:セミナー報告:

« 『経営学大図鑑』で「誤訳」を発見した! | トップページ | セミナー余話:関西の活性化はカジノよりベンチャーで! »