« ホーチミン市の投資プロジェクト:投資金額最大の計画 | トップページ | 大阪市立大学の友人から:拡散依頼のメッセージです »

2015年5月 5日 (火)

ネパール地震の被害者支援:IV-JAPANから依頼

ネパールには個人的に思い入れがあります。1980年、初めての外国旅行先の国です。

さて以下は、私が理事のNGO団体IV-JAPANからの呼びかけです。「寄付金の中の15%は管理費として使用される」と明記された透明性が、本団体の安心と信頼の証明です。いろいろな支援団体があるのですが、こういった記載をしている団体は少数ではないかと思われます。

4月25日にネパールの首都カトマンズから西へ約88キロのところを震源として起きた大地震は、広範囲にわたって大きな被害を及ぼしました。4月29日の時点で、周辺国を含み5000人以上の死亡者、10000人以上の負傷者が確認されていますが、まだまだ被害の拡大は予想されます。日本のNGOも初期調査に入り始めました。IV-JAPANも5月中には現地に救援チームの派遣を検討中です。募金を下記の様に開始いたしました。
現地の状況についてはHP、FB、ブログ等で随時報告していきます。ご協力をお願いいたします。

送金方法:

1) 郵便振替  00140-5-537168 加入者名IV-JAPAN (通信欄にネパール地震と記入)
2) 銀行振込  埼玉りそな銀行 支店名 浦和中央支店 (普通)5038052
       名義人名 (特非)国際協力NGO・IV-JAPAN

※頂戴した募金のうち15%は管理費として使わせていただきます。なお、銀行振り込みの場合は領収証をお送りしますので、お名前、ご住所を下記事務局までご一報ください。IV-JAPANへのご寄付は認定NPO法人として税額控除の対象となります。税額控除には領収書が必要となります。

問合せ先:埼玉県さいたま市三橋2-545-2-101 

電話&FAX:048-622-8612048-622-8612

email: iv-japan@vanilla.ocn.ne.jp

|

« ホーチミン市の投資プロジェクト:投資金額最大の計画 | トップページ | 大阪市立大学の友人から:拡散依頼のメッセージです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネパール地震の被害者支援:IV-JAPANから依頼:

« ホーチミン市の投資プロジェクト:投資金額最大の計画 | トップページ | 大阪市立大学の友人から:拡散依頼のメッセージです »