« ラオスの休日:ルアンパバーン(3) | トップページ | ラオスの休日:ルアンパバーン(5) »

2015年5月28日 (木)

ラオスの休日:ルアンパバーン(4)

ルアンパバーンの観光地としての基本となる魅力は、豊かな緑の木々と悠久に流れるメコン川である。それに人間の営みが加わり、古都の歴史遺産や温和な住民性、そして最近の観光名所となっているナイトマーケットである。Cimg0832写真上は、ナイトマーケットの通りから脇道にそれた屋台通りである。安くて素朴な雰囲気で食事を楽しめる。その入口の角にラオス風「ベビーカステラ」を売る屋台があった。Cimg0833ココナツミルク味の「たこ焼き」といった食感である。残念ながらベビーカステラの「フワフワ感」はなかった。この「ボール」1個が10円程度。Cimg0834_2注目すべきは、丸い穴の空いた丸いプレートである。このようなスタイルで日本で「たこ焼き」を焼いたら、お客に対するアピール度はかなり高いかもしれない。手作り「炭火焼き・たこ焼き」は珍しい。それでは買ってみようかという気になるのではないか。そのリピーター率は、「炭火焼き」の「差別化」された味の有無に依存する。

|

« ラオスの休日:ルアンパバーン(3) | トップページ | ラオスの休日:ルアンパバーン(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/60115544

この記事へのトラックバック一覧です: ラオスの休日:ルアンパバーン(4):

« ラオスの休日:ルアンパバーン(3) | トップページ | ラオスの休日:ルアンパバーン(5) »