« カンボジアのドライブイン | トップページ | カンボジアのイオンモール »

2015年4月17日 (金)

カンボジアのTWG紅茶:余談

4月8日の本ブログで紹介した「TWG紅茶」が、大学の講義(商学部「特別クラス」)中に偶然に登場した。イアン・マルコーズほか編『経営学大図鑑』(三省堂、2015年、26-27頁)は、次のように述べている。

シンガポール発の高級ティーショップTWG Tea・・・は2008年の創業だが、在来の喫茶店やトレンディなカフェに比べ、年齢・購買力ともにやや高い顧客層にターゲットをしぼった。そして先行するライバル各社の動向を研究し、有望なニッチ(豊かな中高年)を見つけ、そこに適した製品やサービス(落ち着いた雰囲気、高級で稀有な茶葉、等)を提供することで、日本を含む世界各地に店舗を増やしている」。

以上は、既存市場の「ニッチ」を見つけるための成功の具体例として紹介されている。

なお、シンガポールと言えば、やはり本ブログで紹介したパン屋さん「BREAD TALK」もアジア各地に店舗展開しており、シンガポールが発祥地。

日本の小売業のアジア進出力もシンガポールに負けていないと思われるのだが、その情報発信力が弱いのかもしれない。日本の小売り企業の存在感を世界にアピールする。これは日本の「国益」に貢献する重要な研究課題であると思われる。

|

« カンボジアのドライブイン | トップページ | カンボジアのイオンモール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/59685728

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアのTWG紅茶:余談:

« カンボジアのドライブイン | トップページ | カンボジアのイオンモール »