« 映画ビジネスの要点(9):資金管理と海外合作映画 | トップページ | 映画ビジネスの要点(11・完):「ベトナムの風に吹かれて」 »

2015年3月 5日 (木)

映画ビジネスの要点(10・完):夢の実現「ベトナムの風に吹かれて」

私は映画を見る人であったが、まさか映画を作る人になるとは想像もできなかった。

ただし、こういった映画を作りたいという夢はあった。それを語っていると、絶好の人との出会いのタイミングで、その夢が実現の方向に進む機会に出会うことがある。

このタイミングがなければ、さらに、その機会を生かさなければ、夢はそのままで終わっていた。さらに言えば、そもそも夢がなければ、現状は何も変わらない。

これは「宝くじ」に似ているのかもしれない。たとえば1枚300円の「宝くじ」で1億円が当たることは微少な確率だが、「宝くじ」を買わなければ、おそらく永遠に1億円の現金を直接見ることはないであろう。「宝くじ」を買うことは、夢を買うことだと言われるが、まさにその通りである。

ただし「宝くじ」の当たりは他力本願。単なる確率の問題である。これに対して「夢」の実現は自己の努力の程度に依存する。映画製作には、こういった夢が伴うことが不可欠である。

|

« 映画ビジネスの要点(9):資金管理と海外合作映画 | トップページ | 映画ビジネスの要点(11・完):「ベトナムの風に吹かれて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/59261020

この記事へのトラックバック一覧です: 映画ビジネスの要点(10・完):夢の実現「ベトナムの風に吹かれて」:

« 映画ビジネスの要点(9):資金管理と海外合作映画 | トップページ | 映画ビジネスの要点(11・完):「ベトナムの風に吹かれて」 »