« 映画ビジネスの要点(10・完):夢の実現「ベトナムの風に吹かれて」 | トップページ | ハノイ点描(1):ニャッタン橋が完成 »

2015年3月 6日 (金)

映画ビジネスの要点(11・完):「ベトナムの風に吹かれて」

これまで10回の連載は、私が見聞した映画ビジネスに関する「メモ書き」である。映画製作に関しては既存の専門書もあるが、それらを参考にしたわけではない。自分自身の経験を思いつくままに書いた。

「映画ビジネスの要点」などと素人がエラソウに書くことは恥じ入るのだが、それでも現在の気持ちを忘れないようにしたい。実際には、こういう経験を消化・吸収して、その意義を参考文献で検討して・・・ということになるのだが、その時間が十分にない。

「ベトナム映画界の現状分析と課題」・・・というような論文テーマが思いつく。日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」の完成に合わせて、以上のような私にとっての課題が生まれた。

ベトナムの風に吹かれて、次から次に仕事と課題がやってくる。しかし、それがストレスにならない。ベトナムの風は私にとって心地よい。

|

« 映画ビジネスの要点(10・完):夢の実現「ベトナムの風に吹かれて」 | トップページ | ハノイ点描(1):ニャッタン橋が完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/59261547

この記事へのトラックバック一覧です: 映画ビジネスの要点(11・完):「ベトナムの風に吹かれて」:

« 映画ビジネスの要点(10・完):夢の実現「ベトナムの風に吹かれて」 | トップページ | ハノイ点描(1):ニャッタン橋が完成 »