« ホーチミン市のビンコムセンター | トップページ | ベトナムで一番若い学長:オープン大学 »

2015年3月31日 (火)

ホーチミン市の好ましい雰囲気

以下2枚の写真、ホーチミン市の開放的な雰囲気である。気温は30度。暑いが汗をかくほどでも」ない。「ハードボイルドなハノイ」と数回前の本ブログで書いたが、この「開放感のホーチミン市」がそれに対抗する。Cimg0091以前に東京駅地下の「ラーメン横丁」で典型的な某「東京ラーメン」を食べた。味は濃くて、こってりしており、微妙な薄味を好む私には我慢できなかった。、さらに正直に言えば、それを美味しそうに食べる周囲の人々を見て、同じ人間とは思えないほどであった。Cimg0093関東と関西で今でも味覚に大きな相違がある。ハノイとホーチミン市でも街の雰囲気や味覚が違って当然である。日本とベトナムが、共通して南北に長いことが、こういった相違の原因と言えるかもしれない。

|

« ホーチミン市のビンコムセンター | トップページ | ベトナムで一番若い学長:オープン大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/59469099

この記事へのトラックバック一覧です: ホーチミン市の好ましい雰囲気:

« ホーチミン市のビンコムセンター | トップページ | ベトナムで一番若い学長:オープン大学 »