« ハノイ上空からホンダ工場を見る | トップページ | 新潟の上空から積雪を見る »

2015年2月 2日 (月)

映画「ベトナムの風に吹かれて」:朝日新聞(東京版)で紹介

朝日新聞・東京版(2015年1月31日)夕刊の第1面、日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」が、大森一樹監督と主演の松坂慶子さんの写真入りで紹介されている。

【検索】 朝日新聞 松坂慶子

この記事は、実際の高齢者介護ビジネスとの関連で映画を紹介しており、単なる映画紹介でないところがユニークである。

この映画、介護ビジネス関係者にも必見であろう。何よりも実話をもとにした映画化なのだから、その説得力が違う。

私個人の見解であるが、この日本の寒い冬の間、大量のエネルギーを使用する暖房の中で身体を縮めていることを考えれば、暖かい国での開放的な雰囲気は健康に良いと思われる。

もちろんハワイなど先進国の「常夏の国」が望ましいのだが、当然ながら生活コストが先進国だけに高い。日本人に優しくて生活コストも安い国・・・インドネシアも悪くないが、その次はベトナムが候補になっても不思議ではない。

|

« ハノイ上空からホンダ工場を見る | トップページ | 新潟の上空から積雪を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/58780763

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ベトナムの風に吹かれて」:朝日新聞(東京版)で紹介:

« ハノイ上空からホンダ工場を見る | トップページ | 新潟の上空から積雪を見る »