« 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(2) | トップページ | 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(4) »

2015年2月21日 (土)

「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(3)

私の使用経験がある公的資金は、これまで日本学術振興会の科学研究費補助金である。これについては最近、「カラ出張」など不正使用が頻繁に報道されている。しかし一般に、大学または研究機関の事務局が資金管理しており、領収書など厳正にチェックされている。

これに対して、堺市という地方自治体からの公的資金の自己管理は今回が初めての経験であった。新規採用の従業員の「業務日報」の作成管理や社会保険料の支払い、さらに源泉徴収の業務などは、弊社のような零細企業には仕事量の増大を意味した。

これらの経験は、今後の業務遂行に役に立つと思われる。この意味で本事業は、実利的というよりも教育的な「起業支援」と言えるのかもしれない。

|

« 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(2) | トップページ | 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/59159645

この記事へのトラックバック一覧です: 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(3):

« 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(2) | トップページ | 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(4) »