« 心意気がある? | トップページ | 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(1) »

2015年2月18日 (水)

いわゆる「イスラム国」の名称は適当か?

「イスラム国」という呼称を中止して、「ISIL」また「イスラムステート」など別の名称を使用するべきだという意見がある。

その主要な理由は次の2点であると思われる。第1は、テロ組織だから「国」ではない。一般に誤解を与える。第2は、一般のイスラム国家またはイスラム教に対する偏見を発生させる。単純に考えて、この理由には説得力があり、私は「イスラム国」を使用しないことに賛成である・・・このブログでは「いわゆる」という言葉を付記している。

すでにNHKでは「イスラム国」という名称は使用していないが、依然として使用している他放送や新聞もある。いずれにせよ、こういった政治的な名称の問題は難しい。

たとえば私の知る限り、日本では「北朝鮮」と一般に呼称しているが、韓国では「北韓」であるし、正式名称は「朝鮮民主主義人民共和国」である。日本人拉致問題の解決交渉の時、相手側を「北朝鮮では・・・」と呼んでいては、最初から交渉にならないのではないか?

交渉は相手を尊重・信頼することから始まる。その前提がなければ、交渉は無意味ということになるが、それでも諦めないで継続する交渉が、文字通り「粘り強い交渉」と呼ぶのであろう。

いわゆる「イスラム国」をどう呼ぶのか? いろいろな議論があってもおかしくない。

|

« 心意気がある? | トップページ | 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いわゆる「イスラム国」の名称は適当か?:

« 心意気がある? | トップページ | 「緊急雇用促進基金事業」の受託業務が完了(1) »