« ハノイ・ノイバイ空港の国際線が新装される | トップページ | なぜ100円のボールペンが1,000円で売れるか? »

2015年1月30日 (金)

情報マネジメント:関心と好奇心を次第に高揚させる

マーケティングの定義は、とりあえず「市場創造」「市場開拓」と考える。その成功にとって不可欠なことは、顧客に対する「情報マネジメント」であると思う。

どのようなビジネスも最初は顧客に「情報」を提供することから始める。その留意点は、顧客の関心と好奇心を次第に高揚させるようにすることだ。焦ってはいけない。「徐々」に「もったい」をつける。情報公開には計画性が必要だ。その計画の目標は、あくまでも需要の創出と拡大である。

ある程度まで情報が拡散すれば、次に、顧客に対して鮮烈な印象を残す強いインパクトのある「キャッチフレーズ」があればよい。それは、顧客に行動を起こすことを促す。換言すれば、「背中を押す」効果である。その結果、需要が生まれる。

このような意味で、需要は心理的な要因で決まる。顧客の所得の高低は無関係である。低所得の顧客にも需要は存在しているからである。巧みな「情報マネジメント」があれば、顧客は動く。しかし情報やイメージが先走りして実態が伴わなければ、顧客は失望する。

しかし再び、新たな情報を提供して、上記の同じことを始めることができる。それが可能となる前提は、顧客が「失望」した過去を忘れること。つまり顧客が「懲りない人々」であることが望ましい。

常連客だけでなく潜在的な顧客を含めて、顧客を具体的な需要行動に誘導する。そのためには「情報マネジメント」が必要であり、それがマーケティングの本質ではないか。

以上、マーケティング素人の愚見である。

|

« ハノイ・ノイバイ空港の国際線が新装される | トップページ | なぜ100円のボールペンが1,000円で売れるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報マネジメント:関心と好奇心を次第に高揚させる:

« ハノイ・ノイバイ空港の国際線が新装される | トップページ | なぜ100円のボールペンが1,000円で売れるか? »