« テレビ番組「大使閣下の料理人」:細かい話で恐縮ですが・・・ | トップページ | ラオス・ビエンチャン点描(8):中国人市場 »

2015年1月27日 (火)

テレビ番組「大使閣下の料理人」:日本の思いが伝わる・・・

原作のコミック『大使閣下の料理人』の趣旨を踏襲して、テレビ番組でも日本のベトナムに対する思いが十分に伝わっている。ベトナムの人々が見たら、その点をどう思うのだろうか。

また堅苦しいと思われている外務省のイメージが、大使役の西田敏行によって和らいでいる。同様のテレビ番組『古畑任三郎』シリーズでの大使役は松本幸四郎であったことが想起される。どちらの大使もそれらしい。

国際政治そして外交の本質は「人間関係」であることが番組から理解できる。

このテレビ番組、次に本格的に映画化されてもおかしくない。こんなことを思ったが、テレビの中の配役はなかなか的確なようにも思われた。そうなると、連続テレビのシリーズで・・・。

今後の『大使閣下の料理人』の展開に期待したい・・・。

|

« テレビ番組「大使閣下の料理人」:細かい話で恐縮ですが・・・ | トップページ | ラオス・ビエンチャン点描(8):中国人市場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/58597060

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組「大使閣下の料理人」:日本の思いが伝わる・・・:

« テレビ番組「大使閣下の料理人」:細かい話で恐縮ですが・・・ | トップページ | ラオス・ビエンチャン点描(8):中国人市場 »