« 「ベトナムの風に吹かれて」:ハノイの撮影が無事終了 | トップページ | ベトナム人は映画『るろうに剣心』吉川晃司を知っている »

2014年12月20日 (土)

ベトナムにとって来年2015年はどういう年か?

私は2015年を「ベトナム建国40周年」と言ってきた。しかし、南北ベトナムが統一して現在の「ベトナム社会主義共和国」が成立した時は1976年7月2日。「建国40周年」は2016年となる。

ただし1975年4月30日に南ベトナム政府が崩壊。ベトナム戦争は終結した。この日を実質的に南北統一とみなせば、来年は40周年。より正確には「ベトナム戦争終結40周年」となる。

1945年9月2日に故ホーチミン主席はベトナム独立を宣言している。この観点からは、来年2015年は「ベトナム独立70周年」となる。

さらにベトナムはTPP(環太平洋連携協定)加盟交渉を積極的に進めているし、2015年年末には「アセアン共同体」、経済的には「アセアン経済共同体」が成立する。TPP加盟、アセアン共同体成立となれば、ベトナムにとって来年は大きな経済の転換年となる。

このような来年に向けて、日本から提供できるベトナムに対するメッセージは何か? 私は自信をもって、両国初めての合作映画「ベトナムの風に吹かれて」を提起できる。

|

« 「ベトナムの風に吹かれて」:ハノイの撮影が無事終了 | トップページ | ベトナム人は映画『るろうに剣心』吉川晃司を知っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/58335018

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムにとって来年2015年はどういう年か?:

« 「ベトナムの風に吹かれて」:ハノイの撮影が無事終了 | トップページ | ベトナム人は映画『るろうに剣心』吉川晃司を知っている »