« 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」:ベトナムでの報道 | トップページ | 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(7):大森一樹監督 »

2014年12月 4日 (木)

日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(6):ハノイ駅での撮影

ハノイ駅の構内で映画撮影があった。松坂慶子さん、草村礼子さん、藤江れいなさん3名が、ハノイから列車でタインホアに向かうという場面である。Cimg8823ハノイ駅構内を歩く藤江さんの撮影風景。松坂さんと草村さんの母娘と待ち合わせのために駅のプラットフォームに向かう。Cimg8836この時、草村さんと藤江さんは初対面という設定。草村さんが藤江さんに近づいて言うセリフ。「ベッピンさんやのぉ~」。飄々とした草村さんの演技は絶妙である。
Cimg8838
日本語学校の教師である松坂さんは、母親の草村さんにも日本から来た藤江さんにも、まるで母親のような慈愛を込めたセリフ回しをする。Cimg8851藤江さんは、今時の若い女性にもかかわらず、礼儀正しく挨拶するしっかり者を演じている。この場面では、女性3世代の個性ある共演が注目である。

私事だが、映画のこのワクワク感がたまらん・・・。





|

« 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」:ベトナムでの報道 | トップページ | 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(7):大森一樹監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/58155803

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(6):ハノイ駅での撮影:

« 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」:ベトナムでの報道 | トップページ | 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(7):大森一樹監督 »