« ベトナムにとって来年2015年はどういう年か? | トップページ | ベトナム汚職防止のために »

2014年12月21日 (日)

ベトナム人は映画『るろうに剣心』吉川晃司を知っている

映画『るろうに剣心』はベトナム人の中でもコミックとして読まれており、さらに映画もインターネットを介して見られている。

もちろん、その人数は限定的である。おそらくコミックや映画好きの日本語を勉強しているベトナム人という条件がつく。

合作映画『ベトナムの風に吹かれて』のハノイ撮影時に、映画製作のスタッフをお願いしているベトナム人女子学生が、 映画『るろうに剣心』を見ました・・・と言って出演中の吉川晃司さんにサインを求めていた。Cimg9131 大森監督と吉川晃司さんのツーショット写真(ハノイの病院Eでの撮影中)

日本語を勉強しているベトナム人なら、日本語で日本のコミックや映画を見たいというニーズは必ずあるはずである。以前に紹介したNHKドラマ『ハゲタカ』は吹き替えであったが、日本語の字幕放送はできないのか? 

こういった大衆文化面での日本とベトナムの課題は多々あるように思われる。

|

« ベトナムにとって来年2015年はどういう年か? | トップページ | ベトナム汚職防止のために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/58335237

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム人は映画『るろうに剣心』吉川晃司を知っている:

« ベトナムにとって来年2015年はどういう年か? | トップページ | ベトナム汚職防止のために »