« 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(7):大森一樹監督 | トップページ | 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(9):現実と仮想世界の境界 »

2014年12月 6日 (土)

日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(8):映画撮影のお弁当

ハノイの映画撮影時の昼食の「お弁当」はベトナム側が用意することになっている。Cimg8765

プラスチックのお弁当箱(写真上)には、左上から右回りで焼きビーフン、それに加える香味野菜、小魚の唐揚げ、キュウリの酢付け、ニンニクの唐揚げ。このほかにバナナ1本が付いてくる。

この食事を俳優もスタッフも食べる。ベトナム料理は日本人の味覚に一般に合うが、香味野菜が嫌いな人には向かない。この昼食では、香味野菜やニンニクはお好みでビーフンに加えるようになっている。日本人にも問題ないはずである。

なお、このプラスチック容器は回収するように指示が出ていた。この種のお弁当の容器は、日本なら「使い捨て」という場合も多いが、ベトナムは再利用されている。なかなか環境に優しいではないか・・・。

|

« 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(7):大森一樹監督 | トップページ | 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(9):現実と仮想世界の境界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/58159439

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(8):映画撮影のお弁当:

« 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(7):大森一樹監督 | トップページ | 日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(9):現実と仮想世界の境界 »