« 日本ベトナム初の合作映画・BAちゃん役の草村礼子さんに会う | トップページ | 俳優さんの写真流出:善意でも注意する »

2014年11月19日 (水)

日本ベトナム初の合作映画:奥田瑛二の魅力

東京の調布市にある角川大映スタジオ(http://kd-st.co.jp/)を訪問した。

日本ベトナム初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」に出演する奥田瑛二さんの「衣装合わせ」を見学するためである。Cimg8548左が奥田瑛二さん、隣が制作の岡田裕さん。そのほか映画スタッフ(撮影・記録・照明)そして右が大森一樹監督。

奥田さんは、男性から見ても魅力がある。尊敬できる大学教授を何人か知っているが、そういった人々とは違った魅力。それは何か? それに気づくまで、もう少し時間が必要だと思う。

この「衣装合わせ」という作業も興味深い。それぞれの場面に出てくる衣装の何着かを着替えて、監督に見てもらう。それを写真を撮って記録する。さらに時計が20個、メガネが10ほど、また旅行カバンも数点の中から場面のイメージに合うものを選ぶ。Cimg8546衣服のサイズが合わないと補整もしてもらえる。メガネも度数を指定すればレンズを入れてもらえる。映画を見る側は簡単なのだが、映画を制作する側は大変な労働集約的な作業がある。お金がかかるのは当然と納得した。

|

« 日本ベトナム初の合作映画・BAちゃん役の草村礼子さんに会う | トップページ | 俳優さんの写真流出:善意でも注意する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/58038317

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ベトナム初の合作映画:奥田瑛二の魅力:

« 日本ベトナム初の合作映画・BAちゃん役の草村礼子さんに会う | トップページ | 俳優さんの写真流出:善意でも注意する »