« 『世界経済評論』に書評掲載 | トップページ | 日本ベトナム初の合作映画:奥田瑛二の魅力 »

2014年11月18日 (火)

日本ベトナム初の合作映画・BAちゃん役の草村礼子さんに会う

東京で松坂慶子さん、草村礼子さん、奥田瑛二さんにお目にかかった。いずれも初の日本ベトナム合作映画『ベトナムの風に吹かれて』の主要な出演者である。Cimg8532
写真は草村礼子さん。お元気の秘訣は体操することと笑顔で話されていたが、おそらく映画撮影になると、プロに変身されるの違いない。

松坂慶子さんとはNHK木曜時代劇「ぼんくら」で一緒に出演されていて、すでに面識がおありになる。実際にお目にかかったお2人は映画の中の母娘のような雰囲気であった。草村さんは新潟弁を駆使する認知症のお婆ちゃん。映画では主役の松坂さんに匹敵する重要な役割である。

映画のタイトルは、ようやく最終的に「ベトナムの風に吹かれて」に決まった。「越後のふたりベトナムを走る」は私の好きなタイトルだったが、映画内の挿入歌「風に吹かれて」が生かされて、最終的なタイトルとなった。

|

« 『世界経済評論』に書評掲載 | トップページ | 日本ベトナム初の合作映画:奥田瑛二の魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/58032367

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ベトナム初の合作映画・BAちゃん役の草村礼子さんに会う:

« 『世界経済評論』に書評掲載 | トップページ | 日本ベトナム初の合作映画:奥田瑛二の魅力 »