« 雲をつかむような写真(1) | トップページ | ブログと現実の行動が一致していない »

2014年10月24日 (金)

雲をつかむような写真(2)

10月に伊丹空港と新潟空港を往復したが、その時の雲の表情は平面的であった。それに比べてホーチミン市とプノンペンの雲は起伏が大きい。Cimg8235

Cimg8243現在、ホーチミン市もプノンペンも雨季のように思われる。1日に1回はシャワーのように雨が降る。しかし気温は快適である。雲の変化を見ている間に空港着陸である。Cimg8242プノンペン国際空港では、エボラ出血熱の患者対応で健康チェックの書類を書かされた。ベトナムやラオスと違ってカンボジア入国のために日本人はビザ(査証)が必要である。この書類の記入だけでも面倒だが、それに加えての書類記入である。Cimg8241しかし、それが当然と言えるだろう。ベトナムや日本の入国でも、渡航先を明記させるなどの書類記入が必要ではないか。乗客も協力するのではないか。


|

« 雲をつかむような写真(1) | トップページ | ブログと現実の行動が一致していない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/57929335

この記事へのトラックバック一覧です: 雲をつかむような写真(2):

« 雲をつかむような写真(1) | トップページ | ブログと現実の行動が一致していない »