« KBS京都テレビの新番組:てっぺんとったるで | トップページ | 今年も「輪投げ」屋のオヤジです »

2014年8月 3日 (日)

新潟の国際映像メディア専門学校

ベトナムを6月にご案内した大森一樹監督は、大阪芸術大学の映像学科教授であり、8月2日(土)放送のKBS京都テレビ番組「てっぺんとったるで!」では、その講義の様子が紹介されていた。

この様子を見て、先日に訪問した新潟の「国際映像メディア専門学校」を想起した。Cimg7162同校には、本校のほかに写真上のような「実習棟」があり、カメラ機器の操作などが勉強できる。そのほかに新潟では、国際映画祭が開催されたり、映画作品のイベントが頻繁に開催されたりしている。新潟は美味しい料理のほかに「文化都市」としても存在感をアピールしている。

冒頭の大森監督は、8月9日(土)にも続けて同番組に出演予定である。日本の文化や伝統を世界に発信する。「クールジャパン」の土台を支持・拡大するためには、若い人材が不可欠である。その教育現場を新潟で訪問して、そのことを実感できた。



|

« KBS京都テレビの新番組:てっぺんとったるで | トップページ | 今年も「輪投げ」屋のオヤジです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟の国際映像メディア専門学校:

« KBS京都テレビの新番組:てっぺんとったるで | トップページ | 今年も「輪投げ」屋のオヤジです »