« 脚本・演出・俳優の玉井敬友さんの講演を聞く | トップページ | ベトナムに関する質疑応答(4) »

2014年8月 6日 (水)

テレビ愛知「激論!コロシアム:これでいいのか?ニッポン」に出演

来る8月9日(土)午後7時30分~8時54分、ゴールデンタイムで放映予定の表題のテレビ番組に出演を依頼された。メインキャスターは、石原良純さん、堀潤さん、春香クリスティーンさん。参照 http://www.tv-aichi.co.jp/gekiron/

なぜ私が名古屋のテレビ番組に出演か?と私自身が不思議に思ったが、ベトナムと中国の領土紛争に関する私の見解が『エコノミスト』(7月8日号、毎日新聞社)で紹介されたことや、このブログの執筆が契機らしい。その概要は次のようである。 

次回予告!

8月9日(土)の「激論!コロシアム」は!

【ベトナムが危ない!? 日本人が知らない“親日国”の現実SP】

南シナ海で起きた中国船とベトナム漁船の衝突事件から3カ月。
世界中の批判を受けて、石油掘削施設を予定より早く撤収した中国だが、実は今も小競り合いが続き、平穏な海は戻っていなかった!

南シナ海は再び深刻な事態を迎えるのか?安倍政権による集団的自衛権行使容認はベトナム人も望んでいるのか?

一方、中国離れが進むベトナム経済は、日本企業にとって大きなチャンスに。番組は今年1月に進出した大手小売店に密着。そこから見えた日本の強み、信頼を勝ち取る方程式とは?

共産主義でありながら、アジアで最も親日的なベトナム。私たちは何を知り、どんな関係を築くことが国益になるのか?

スタジオには日・中・越の論客が集結。日本人が知らない“親日国”の現実に迫る!

【ゲスト】
井上和彦(軍事ジャーナリスト)
富坂聰(中国に詳しいジャーナリスト)
グエン・ベト・ハー(ベトナムビジネスコンサルタント) 
上田義朗(流通科学大学教授)
韓暁清(日中新聞社社長)
周来友(中国人ジャーナリスト)

【VTR出演】
香川孝三(大阪女学院大学教授、人身売買問題に詳しい)
グエン・ドク(“べトちゃんドクちゃん”で知られる双子の弟)

お見逃しなく!

この番組のタイトル「激論」から連想して、「朝までテレビ」のように私がベトナム側の立場から、中国を「撃破」しなければならないのかと思っていた。しかしプロデューサーによれば、唯一の大学教授として客観的なコメントを期待されているらしい。もっとも過激に脱線してもらってもよいということも言われた。

大阪生まれの人間として、何か余計なことを言いそうな予感がする。また学生に対して演技で「真剣に怒る」ことにも慣れているので、果たして何が起こるのか?この番組、「斯う、ご期待」であるが、地元の関西では視聴できないことが幸か不幸か。

なお、VTR出演の香川先生は、前神戸大学教授でベトナム大使館の公使をされていた。ハノイと日本で何度かお目にかかった。私の先輩という意味で、私の出番ではないように思われるのだが、今となっては与えられた機会に最善と尽くすしかない。この番組については、また事後報告したい。

|

« 脚本・演出・俳優の玉井敬友さんの講演を聞く | トップページ | ベトナムに関する質疑応答(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/57002791

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ愛知「激論!コロシアム:これでいいのか?ニッポン」に出演:

« 脚本・演出・俳優の玉井敬友さんの講演を聞く | トップページ | ベトナムに関する質疑応答(4) »