« 中国紛争の影響から回復:ベトナム株式市場 | トップページ | ベトナムに関する質疑応答(7-2) »

2014年8月23日 (土)

ベトナムに関する質疑応答(7-1)

質問: 中国は国民のベトナム渡航の自粛を求めていますが、ベトナム経済にどのような影響が考えられますか。

回答1: 観光業と製造業に悪い影響があります。特に観光業では、それが顕著です。当面、中国人観光客が減少しています。430万人の中国人外国観光客の4分の1が2014年6カ月間でベトナムに訪問しました。北部ベトナムは、ハーロン湾などバスを使って気軽に行ける中国人の外国観光旅行です。

本年6月には前月比で中国本土では30%減少、香港では72%減少しています。

ベトナム中部のダナンの特に中国資本のクラウンプラザホテルは5☆ホテルで、その宿泊客の70~80%が中国人であり、カジノやカラオケを併設した巨大ホテルで、隣接地に新たな増築を進めています。その臨時の従業員50名が解雇されました。

やはり同じ5☆ホテルのフラマリゾートホテルでは、5月~6月で10~15%の予約キャンセルが出ています。それは2,800室に相当します。(筆者注:1室を2万円とすれば、5,600万円の損失です。) 中国・香港のほかにマレーシアやシンガポールの旅行者のキャンセルが多いそうです。以上、Japan Times, 22 July 2014を参照。

こういった中国人観光客の回復には時間がかかるように思われます。だだし、7月16日から成田とダナンの直行便が就航し、中国人観光客の減少を日本人が補うことが期待されます。

|

« 中国紛争の影響から回復:ベトナム株式市場 | トップページ | ベトナムに関する質疑応答(7-2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/57166475

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムに関する質疑応答(7-1):

« 中国紛争の影響から回復:ベトナム株式市場 | トップページ | ベトナムに関する質疑応答(7-2) »