« 夜の滝道を歩く:箕面の滝 | トップページ | 「お化け屋敷」はベトナムでも人気がでる? »

2014年8月18日 (月)

ベトナムに関する質疑応答(6-4)

質問 同じ共産主義国なのにベトナムと中国の日本に対する対応が違うのはなぜですか?

回答4:ベトナムは日本と同じ「儒教」から影響を受けた国であり、高齢者や先生を大切にするという基本的な考え方は共通しています。ただし日本で儒教的な考えは消滅しつつあるかもしれませんが・・・。

さらにベトナムは日本と同じで大部分の国民が「大乗仏教」であり、クリスマスツリーを飾って、お正月にお寺参りをする。占いも好きです。こういった寛容性(言い方を変えれば、「いい加減さ」)も日本人に似ています。また日本人と同様に協調性や調和を重視する側面もあります。

「付和雷同」「皆で渡れば怖くない」「熱しやすく冷めやすい」「のど元過ぎれば熱さ忘れる」という発想や行動は、日本でもベトナムでも共通部分があります。これらは、ベトナム人の感性・感覚が日本人に似ていることを意味し、それが親近感をもたらし、親日的になる要因ということです。

|

« 夜の滝道を歩く:箕面の滝 | トップページ | 「お化け屋敷」はベトナムでも人気がでる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/57161856

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムに関する質疑応答(6-4):

« 夜の滝道を歩く:箕面の滝 | トップページ | 「お化け屋敷」はベトナムでも人気がでる? »