« ラオスの国会議員:面白い話題(2) | トップページ | ラオスの国会議員:面白い話題(4) »

2014年7月12日 (土)

ラオスの国会議員:面白い話題(3)

「では、体制への明示的/潜在的な脅威がほとんど存在しないにもかかわらず、人民革命党はなぜ国会や選挙を体制維持の一手段として活用しているのだろうか」(54頁)。

これが山田氏の論文の基本的な問題意識である。すでに答えは前回に示している。経済成長やグローバル化が進展する中で、多様化する国民の不満や要望を吸収する「仕組み」がなければ、やはり体制維持が難しい。そこで選挙や国会が必要であり、その民主的な組織や運営を進める必然性がある。

以上、やや難しい話が続いたが、本格的な政治学の論文を分かりやすく説明するのは、なかなか難しい。次回から、やや軽口で話を進めようと思う。

|

« ラオスの国会議員:面白い話題(2) | トップページ | ラオスの国会議員:面白い話題(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/56793835

この記事へのトラックバック一覧です: ラオスの国会議員:面白い話題(3):

» チーム マーキュリアル ヴェイパー 7 [新作 アディゼロ F50 Dizzy]
新作 アディゼロ F50 the piece of cake more than know th アディピュア 4 e way ranges away... [続きを読む]

受信: 2014年7月19日 (土) 01時19分

« ラオスの国会議員:面白い話題(2) | トップページ | ラオスの国会議員:面白い話題(4) »