« ラオスの国会議員:面白い話題(7) | トップページ | ラオスの国会議員:面白い話題(9・補論) »

2014年7月17日 (木)

ラオスの国会議員:面白い話題(8)

これまでは、ラオスが一党独裁の政治体制であることから、国民は自由にモノが言えなくて、民主主義が存在しない国として認識されていたように思われる。

しかしラオスを訪問すれば、そのような抑圧的な雰囲気は感じられない。この印象は、同じ一党独裁体制のベトナムも同様であろう。

この先入観と実感のギャップは、私にとって深く追求しないで済ませてきた問題であった。しかし、今回の連載して紹介した山田氏の論文によって、ラオス民主主義の進展が具体的に理解できた。さらに言えば、このような調査が実現できるラオスの開放度にも驚かされた。このラオスと同様の具体的な研究がベトナムで可能かどうかは疑問である。

この理由は、ベトナムにはラオスと違って反政府・反体制勢力が存在していることであろう。このベトナム事情は、あくまでも私の推測であるが・・・。

|

« ラオスの国会議員:面白い話題(7) | トップページ | ラオスの国会議員:面白い話題(9・補論) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/56837733

この記事へのトラックバック一覧です: ラオスの国会議員:面白い話題(8):

» ニューバランス wl574rub [ニューバランス ml574xbk probably have as part of your China a mixture relating to far]
on the basis of wonder,ニューバランス ml574xbk. the ニューバランス ml574xbk reason bein ニューバランス ml574yc... [続きを読む]

受信: 2014年7月19日 (土) 19時12分

« ラオスの国会議員:面白い話題(7) | トップページ | ラオスの国会議員:面白い話題(9・補論) »