« ベトナムでは「南シナ海」を「東海」と呼ぶ | トップページ | ズン首相:中国の「隷属に甘んずることはない」 »

2014年6月 8日 (日)

松坂慶子さんラジオ出演:「寄り添うベトナム人」

松坂慶子さんのハノイ訪問中にラジオ出演していただいた。その内容は、6月8日(日)と15日(日)の2回に渡って放送される。放送時間は午後5時~5時10分。

参照 http://www.mbs1179.com/genki/

ここで松坂さんは「寄り添って生きるベトナムの人々」というキーワードを述べられた。これは、ベトナム人の気質を特徴付ける的確な表現である。こういった感性が、さすがに大女優なのだと納得した。

家族を中心にした人々の相互扶助は、ベトナムの歴史の中で根付いた「生活の知恵」のようなものである。昭和30年代、私の子ども時代の日本もそうであったように思われる。

大森一樹監督、映画「ラストライフをベトナムで」(仮題、原作「越後のBaちゃんベトナムへ行く」)では、こういった暖かい心情が描かれることを期待したい。

|

« ベトナムでは「南シナ海」を「東海」と呼ぶ | トップページ | ズン首相:中国の「隷属に甘んずることはない」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/56479694

この記事へのトラックバック一覧です: 松坂慶子さんラジオ出演:「寄り添うベトナム人」:

« ベトナムでは「南シナ海」を「東海」と呼ぶ | トップページ | ズン首相:中国の「隷属に甘んずることはない」 »