« ダナン大学日本センターのタオさん活躍 | トップページ | ささやかなベトナムの贅沢:フォーの食べ方 »

2014年5月29日 (木)

懐かしい風景:エースコック=ベトナム社

ホーチミン市のイオンモールの職員食堂から、タンビン工業団地にあるエースコック=ベトナムの本社工場が見える。私にとっては、この普通の風景が感慨深い。Cimg6299浪江前社長、梶原社長には何度もお目にかかったし、本社の村岡社長には、私のラジオ番組「上田義朗のベトナム元気」に出演もして頂いた。

イオンモール内でも、即席ラーメンは「エースコック」が人気商品だそうである。これはベトナム人向けの味。他方、写真のようにイオンのPB(プライベート=ブランド)も販売されているが、これは日本の味だと思う。Cimg5385このように商品選択の幅が広がることは、買い物の楽しみが増える。イオンモールに行けば、常に発見がある。この認識が定着すれば、イオンモールの人気は持続するであろう。

(注)もう20年以上も前になるが、ニューヨークの隣ニュージャージ州のスーパーマーケット「ヤオハン」を訪問したことがある。そこでは日本人向けだけではなく、韓国人向けの食材も品揃えしてあったことが印象に残っている。

現在のイオンモールは「日本色」を出して既存のロッテマートと「差別化」しており、上記の「ヤオハン」と事情が異なっている。しかし近い将来には韓国人・中国人・欧米人の顧客をも取り込む販売戦略も考えられる。いろいろな将来の展開が考えられる新興国での小売り業は、知的好奇心を大いに刺激してくれる。



|

« ダナン大学日本センターのタオさん活躍 | トップページ | ささやかなベトナムの贅沢:フォーの食べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/56330855

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい風景:エースコック=ベトナム社:

« ダナン大学日本センターのタオさん活躍 | トップページ | ささやかなベトナムの贅沢:フォーの食べ方 »