« ダナンのノボテル・ホテル | トップページ | 多国籍料理:農産物の自由化 »

2014年5月 7日 (水)

南シナ海でベトナムと中国が衝突

5月7日、南シナ海においてベトナムと中国の船舶の「衝突」事件が発生した。いわゆる領土紛争である。

ベトナム側は映像を公開して国際世論に訴えている。中国側は反論するのだが、映像は正直である。ただし、その映像までも偽造しているという中国の反論もありうるが、それは世界の「大国」が主張することではないであろう。

少なくともベトナムは、軍事的な紛争を絶対に望んでいない。何の利益もないからである。そして何よりも、甚大な被害を生み出したベトナム戦争(=ベトナムでは「アメリカ戦争」と呼ぶ)の教訓が生かされているからである。

軍事的な国家間の紛争は、言い換えれば「大量の殺し合い」である。人類の歴史の中で克服されるべき課題である。そのために人類は知恵を蓄積してきた。国家・国益の観点ではなく、「人類の存続」という観点を持つことができれば、その解決は可能であると思われる。

|

« ダナンのノボテル・ホテル | トップページ | 多国籍料理:農産物の自由化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/56134184

この記事へのトラックバック一覧です: 南シナ海でベトナムと中国が衝突:

« ダナンのノボテル・ホテル | トップページ | 多国籍料理:農産物の自由化 »