« ささやかなベトナムの贅沢:フォーの食べ方 | トップページ | ベトナムに対する中国の経済制裁はありうるか? »

2014年5月31日 (土)

ハノイの平和な風景:フォーを食べる

昨日の続編。ハノイの私の定宿に近い馴染みのフォーの店を紹介する。P1040566写真上には、なぜか「歯磨きチューブ」がある。これは、お客のサービスのためではなく、お店と生活の区別が明確でない証拠でる。しかし、こんなことで驚いていたら、発展途上国ベトナムを訪問する価値がない。これこそが「面白い」のでる。P1040560お店の外観は写真上のようである。大きな鍋には、秘伝のスープが継承されている。ベトナムでは数年前から、歩道に座席を設置することが禁止された。歩行者の通行を阻害するという当然の理由である。しかし、それでもハノイでは写真上のような風景は普通に見かける。P1040562写真上の小父さんは、このフォーの店のオーナーである。彼が周辺に目を光らせて、歩道の椅子などの撤去に公安(=警察)がこないかどうか警戒している。もっとも、それほど緊迫感がないのは、公安との友好(=なれ合い)関係が形成されているのであろう。

こういった庶民感覚を私は好きだが、それは主観的な感覚である。それに対して、何て不衛生、何て曖昧、何て非効率・・・。これらの先進国・日本の人々からのコメント・批判も私は理解できる。この否定的な意見もベトナム人には容認・理解してほしい。それが、両国民の相互理解の進展に貢献するからだ。

|

« ささやかなベトナムの贅沢:フォーの食べ方 | トップページ | ベトナムに対する中国の経済制裁はありうるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/56367031

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイの平和な風景:フォーを食べる:

« ささやかなベトナムの贅沢:フォーの食べ方 | トップページ | ベトナムに対する中国の経済制裁はありうるか? »