« オープンキャンパス:新しい新入生教育制度 | トップページ | 中国は怖くない »

2014年5月26日 (月)

ハノイの日本製品販売店

ハノイで日本製品を中心に扱う店舗が増えている。理由は簡単。値段が高くても日本製品は売れるからだ。

おそらく「ハンドキャリー」の商品が多いのだが、それは正規の輸入品ではないことを意味している。粉ミルク・紙おむつ、そのほか雑多な日本製品が並んでいる。Cimg5882TPP(環太平洋連携)協定にベトナムと日本が加盟すれば、こういった日本商品の売買がさらに活発になるのかどうか。その場合、ベトナム製品や中国製品はどうなるのか。

TPP加盟が及ぼすベトナム消費市場に対する影響・・・こういったテーマの立ち入った調査が求められる。

|

« オープンキャンパス:新しい新入生教育制度 | トップページ | 中国は怖くない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/56327853

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイの日本製品販売店:

« オープンキャンパス:新しい新入生教育制度 | トップページ | 中国は怖くない »