« 多国籍料理:農産物の自由化 | トップページ | 大学1年生の合宿:ハチ高原 »

2014年5月 9日 (金)

ダナンの「お土産」定番化:フィーバのチョコレート

2013年9月、ダナン日本商工会の会合で紹介されたPHEVAのチョコレート。その後、本ブログでも何度か紹介してきた。今回、ハノイで代理店を通して販売しないかどうかを相談するために店舗を訪問した。。Cimg6239結局、ホーチミン市やハノイで直営店の販売を計画しているということであった。Cimg6246_2前回の訪問に比べて多様なボックスが用意され、チョコレートは18種類まで増えていた。以前のお勧めだった「黒胡椒のチョコレート」に加えて「白胡椒」も加わった。Cimg6240どのチョコレートをどのボックスに詰め合わせるか。商品の選択紙の増加は、買い物の楽しみを増加させる。価格は12個で8万ドン(約400円)。ベトナムにおいて高くもなく、安くもなくという絶妙の価格設定である。Cimg6248_2 写真上の店長フォンさんの前にはカカオの実が置いてあり、チョコレートの説明を丁寧にしてくれる。生産工場は、お店の隣にある。

|

« 多国籍料理:農産物の自由化 | トップページ | 大学1年生の合宿:ハチ高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/56156977

この記事へのトラックバック一覧です: ダナンの「お土産」定番化:フィーバのチョコレート:

« 多国籍料理:農産物の自由化 | トップページ | 大学1年生の合宿:ハチ高原 »