« 企業は「人間の組織」である | トップページ | ベトナム小売業の課題:常時改革・日々革新 »

2014年4月11日 (金)

大学の先生は「プロフェッサー」

大学1年生を対象にした「基礎演習」が始まった。今話題の「コピペ」の作法やノートの取り方、論文・レポートの書き方、プレゼンの方法などを実践的に学ぶことが目的である。

最初の時間に「大学と高校の違い」というような話をした。大学生活を有意義に過ごすためである。そこで「大学の先生は教授だ」という話をした。これは大学の教授がエライという意味ではない。

教授=プロフェッサー(professor)とは、「自分の意見を表明する人」という意味であり、そのために様々な研究をしている。もちろん「教授の意見」は「自分の意見」だから必ずしも正しいとは限らない。学生は批判精神をもって考える。そういった教授を先生として勉強する大学生は、やはり卒業する時には、「自分の意見を発言できる」ようにならなければならない。その具現化が「卒業論文」である。

高校教員の中には「自分の意見を表明する人」もいて、それは印象深い熱心な先生となるのではないか。他方、大学教授の中でも講義で「自分の意見を表明しない人」もいるだろう。

さらに次のように学生に指摘する。「自分の意見を発言できる」ことが、就職先の企業において求められる人材の資質の一つでもある。日々の革新・改革が求められるビジネス社会で「私もそう思います」では存在価値がない。新商品の開発、新しいサービスの提案、販路拡大の方法・・・これらの問題に対して「自分の意見を表明する人」が評価される。

果たして新入生にどこまで伝わったか? 何度も繰り返すことが必要であると考えている。

|

« 企業は「人間の組織」である | トップページ | ベトナム小売業の課題:常時改革・日々革新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の先生は「プロフェッサー」:

« 企業は「人間の組織」である | トップページ | ベトナム小売業の課題:常時改革・日々革新 »