« ハノイの「イオンモール」建設現場を見る | トップページ | 「国営企業の改革」の論点:日本経済新聞(4月26日)の記事 »

2014年4月30日 (水)

ハノイの近代的な先端住宅「タイムズシティ」の生活

ベトナムのビンコム=グループが建設したハノイのロイヤルシティ、それにタイムズシティ。これらは先端の近代的な住宅である。写真下は、タイムズシティの指紋認証による鍵である。日本でも、こういったアパート(=マンション)は寡聞である。よく外国映画に出てくるように、不正に鍵を開けるために指が切断される。こんな怖いことを想像して指を差し込んだ。Cimg5921また地下のショッピングモールの集客のためのイベントも開催され、なかなか健闘しているそうである。地下の水族館だけでは飽きられて集客に限界があると私は指摘したが、それが反映されているかのようである。Cimg5920写真上は、警察の行進である。近くに警察学校がある。そのための訓練の様子である。音楽を流しながらの行進は、これも一つのイベントになっている。写真下は、17階からの風景である。ホン川が見えて、その向こうがイオンモールが建設中のロンビエン地区である。Cimg5916タイムズシティの住人に聞くと、上階の生活音が少し気になるということであった。おそらく床それ自体が薄く、また床材に防音素材を使用していないのである。また、こういった高層住宅の懸念は数年後の地盤沈下や、建物の傾斜である。この建設地区の地盤が軟弱であるとすれば、強固な基礎工事が必要である。Cimg5922_2日本の建設会社であれば一般に安心なのだが、そうでない場合、こういった問題の確認が求められる。昨日、イオンモールが自動車で10分間の距離に建設され、不動産価格が上昇するかもしれないと指摘したが、こういった建物それ自体の欠陥が発見されると、不動産の資産価値が低下することになる。

私は、この不動産物件、上記のようなリスクがあるとしても、全体の総合点で言えば、日本よりも魅力があるように思われる。少なくともベトナムで日本のような大地震は発生しないのだから・・・。

|

« ハノイの「イオンモール」建設現場を見る | トップページ | 「国営企業の改革」の論点:日本経済新聞(4月26日)の記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/55962796

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイの近代的な先端住宅「タイムズシティ」の生活:

« ハノイの「イオンモール」建設現場を見る | トップページ | 「国営企業の改革」の論点:日本経済新聞(4月26日)の記事 »