« JICA日本センターのビジネス活用セミナー | トップページ | 大道を歩む:「大道本来無門」の含意 »

2014年4月 2日 (水)

あのベトナムの「お菓子」は?

ベトナムで有名な甘いお菓子。これだけは分かるのだが、名前を私は特定できないでいた。その特徴は次の通りである。

1.「落雁」のような感じ。
2.きな粉を固めた形状と味がする。
3.渋い日本茶と一緒に食べると良い。
4.ベトナムの空港でお土産として売っている。
5.ハノイからハイフォンに向かうハイズン省の特産物。
6.女優・落語家の三林京子(桂すずめ)さんが推薦。
7.同じお菓子でも、いろいろなメーカーがある(50社以上あるらしい)。
8.原材料は、緑豆の粉、砂糖、植物油、豚の脂など。
9.ベトナムのスーパーマーケットでも何種類も売っている。
10.これまで何度も買ってゼミ学生に食べて貰ったが、なかなか好評だった。

日本ベトナム友好協会兵庫県連合会の『日本とベトナム』(2014年3月15日)の記事に、この気になるお菓子が紹介されていた。

ベトナム語の直訳で「緑豆のお菓子」=Banh dau xanh(バイン= ダウ=サイン)

このブログを契機にして、名前を覚えておきたい。

|

« JICA日本センターのビジネス活用セミナー | トップページ | 大道を歩む:「大道本来無門」の含意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/55607877

この記事へのトラックバック一覧です: あのベトナムの「お菓子」は?:

« JICA日本センターのビジネス活用セミナー | トップページ | 大道を歩む:「大道本来無門」の含意 »