« 「未熟な研究者」の背景:私の体験から | トップページ | サン国家主席の来日:「優遇減税」要望に疑問? »

2014年3月20日 (木)

ダナン観光で「もう1日」:バーナーヒルの蝋人形

ダナン国際空港に到着してBA NA HILLS(バーナー・ヒル)の文字が目に入る。ダナンと言えば、海岸のリゾートホテルが定番であるが、バーナーは山岳の観光地である。Cimg3576ドイツ製のケーブルカーに30分近く乗って山頂に到着する。関西で言えば、六甲山のような雰囲気である。酷暑のダナンでも、ここに来れば涼しい・・・寒いほどである。ここに「蝋人形館」がある。注:この観光スポットについては、すでに本ブログで紹介した。Cimg3593写真は「機動戦士ガンダム」の仲間だと思うが、正確ではない。これが、おそらく日本代表である。というのも、蝋人形館の本体に日本人の姿はなかったからだ。Cimg3616写真上のアインシュタインは素人でも知っている科学者であるが、こういった日本人として期待できる人物はだれか? STAP細胞で学問もしくは科学に関心が集まっている昨今、上記のようなダナンの一コマを想い起こした。

|

« 「未熟な研究者」の背景:私の体験から | トップページ | サン国家主席の来日:「優遇減税」要望に疑問? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/55426283

この記事へのトラックバック一覧です: ダナン観光で「もう1日」:バーナーヒルの蝋人形:

« 「未熟な研究者」の背景:私の体験から | トップページ | サン国家主席の来日:「優遇減税」要望に疑問? »