« ベトナム航空CAの盗品ハンドキャリー事件(2) | トップページ | 大森一樹監督に会う »

2014年3月29日 (土)

東京に出張中です

土曜日の午後、東京・有楽町、銀座4丁目の三越から京橋の「東京国立近代美術館フィルムセンター」まで「歩行者天国」を歩いた。

ところどころで見られる桜の開花が、春の陽気さを強調するかのようである。それに誘われるように多数の人々で路上は賑わっていた。

私の大学生時代、「東京」という歌詞の中の「東京へはもう何度も行きましたね」というフレーズを口ずさむことがあった。大阪人として、より一般には地方人として、東京に対する憧憬や羨望、ある種の反発や嫉妬を感じることがあるが、それほどに東京には無視できない魅力がある。参照 http://www.youtube.com/watch?v=01QTqWYrQDc

大阪では「都構想」の是非が話題になっている。その場合、「大阪も東京都のようにならなければならない」という論点があるが、こういった都市の比較は無意味であろう。それぞれの都市に歴史と個性があり、それが各都市の魅力になる。大阪が東京に追随する必要はないし、それは実現不可能である。大阪には大阪の進む発展戦略がある。

私のカラオケ愛唱歌は「にじむ街の灯を・・・」。「悲しい色やね」。大阪を舞台にしている。上記の「東京」を私は歌ったことがない。
参照 http://www.youtube.com/watch?v=gbxydAHygPM

|

« ベトナム航空CAの盗品ハンドキャリー事件(2) | トップページ | 大森一樹監督に会う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京に出張中です:

« ベトナム航空CAの盗品ハンドキャリー事件(2) | トップページ | 大森一樹監督に会う »