« ベトナムビジネスに不可欠な「突破力」 | トップページ | 岳父・千野滋樹(元丸紅常務取締役)の逝去 »

2014年2月14日 (金)

ダナン3つの「パワースポット」:心身ともに「リフレッシュ」できる

ダナンには3つの「パワースポット」があると言われている。情緒的な人間の本性に何らかの影響を与える雰囲気を提供する心理的・霊的な場所。これをパワースポットと呼ぶなら、それは確かにダナンに存在している。

この3カ所をダナン訪問時に巡礼すれば、心が落ち着き、新たな自信が湧き起こり、願い事は成就する。信じる者は救われる・・・新興宗教「ダナン教」の誕生か? それはさておき、ダナンのリゾート地としての高い価値は、単なる「綺麗な海岸」ではなく、このような「パワースポット」の存在である。

その1:五行山(マーブル=マウンテン):高齢者や時間不足の観光客には建設中のエレベータの利用がお勧め。しかし「御利益」のためには、急な坂を足元に注意して歩いて仏像に手を合わせるのがよいと思う。20年前の訪問時には子どもが「お金」を欲しがって集まってきた。今そういうことはなくなったが、英語を話す少し強引な兄ちゃんガイドがいた。チップをあげるも良し、無視するも良し。それはともかく、岩窟の中にある仏像との心の対話は貴重な体験となる。この目的のためには、ゆっくり時間を取って見学・参拝することが望ましいと思う。その後に周辺の大理石加工の専門店数店を訪問する。Cimg3765その2:ミーソン遺跡:世界遺産となっているチャム族の遺跡。通常の道を少しはずれた遺跡には米軍の爆撃跡の大きな穴を見ることもできる。山々に囲まれた静寂な空間は人間を清心で穏やかな気分にする。また朽ちたレンガ造りの建物を見ていると、長い年月における人間の無力さを感じることもできる。ダナン市内の「チャム博物館」を訪問の前か後に見学することも遺跡の背景を知るために有意義である。以前に女優の三林京子さんと一緒にミーソン遺跡を訪問した時、「わぁ何か感じる」と言われたことを思い出す。P1060904その3:リンウン=バイブット寺:ダナン市内からインターコンティネンタルホテルを訪問する途中にある。香港の風水師が場所を選定したとも言われているダナンを守護する観音像がある。私は初めての訪問であったが、高台からダナン市内を一望し、穏やかな観音像の表情を見るだけで、日常の雑事を忘れることができる。詳しくは、「ベトナムの声放送局」VOV5(2013年3月27日)『中部ダナン市の「仏の砂浜」への旅』を検索・参照。Cimg3976写真下は、安らかな微笑を浮かべる観音像が見渡しておられるダナン市やダナン港の様子である。ここでの祈りは、利己的な内容よりも、世界の平和や万人の幸福がふさわしいように思われる。それは、参拝した人々の心の余裕を増幅することになるであろう。Cimg3985以上、ダナン3つの「パワースポット」である。海岸5☆リゾートホテル」宿泊と「パワースポット」訪問で心身ともに「リフレッシュ」できる。このような場所は、ベトナムではダナンだけであろうし、さらにアジア諸国でも希有であろう・・・(これは少し言い過ぎかも)。

|

« ベトナムビジネスに不可欠な「突破力」 | トップページ | 岳父・千野滋樹(元丸紅常務取締役)の逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/54867066

この記事へのトラックバック一覧です: ダナン3つの「パワースポット」:心身ともに「リフレッシュ」できる:

« ベトナムビジネスに不可欠な「突破力」 | トップページ | 岳父・千野滋樹(元丸紅常務取締役)の逝去 »