« テト:新年おめでとうございます | トップページ | ハノイ近郊・フェニックス=チャンピョンコースでグロス125 »

2014年2月 1日 (土)

ハノイのゴルフ練習場とブンチャー

ハノイで初めてゴルフ練習をした。ハノイ新都心の中にあるミーリンのサッカー場の近く、フォン=ドン(Phuong Dong)ゴルフクラブである。ご一緒したのは元ハノイ=ゴルフクラブ創業者の室賀信男さんである。室賀さんは箕面ライオンズクラブ、私は箕面船場ライオンズクラブに所属しており、両クラブは兄弟関係である。Cimg4975このゴルフ練習場の入り口には、ダナンのクラウン=プラザホテル前で送迎用に見かけたのと同じロールスロイスが駐車されていた。お金の使い方を知らないと思われるような「大金持ち」がベトナムにもいるのだ!!Cimg4979注:そういえば、私の子どもの頃のテレビ番組で、ジーン=バリー(声優は若山弦蔵)が主演する「バークに任せろ」という探偵番組でロールスロイスが登場していた・・・。自慢ではないが、還暦前の年齢になると、最近のことよりも昔のことをよく覚えている。

室賀さんの非常に的確なアドバイスによって、少しばかりゴルフが上達したような気分になった。Cimg4980その後、このクラブ内のレストランで「ブンチャー」を食べた(写真下)。焼肉が鉄板に乗ってくる食べ方は初めてであったが、ソープの味も合格。私が最高のブンチャーの味と評価している「フエ通り」の店と同等以上に評価できる。ここなら路上の小さなプラスチックの椅子に座って食べることを敬遠する日本人にもお勧めできる。Cimg4977_2念のために言えば、ブンチャーは「つけ麺」である。右手前のスープに左の米麺(ブン)を入れて、その上に焼いた(チャー)肉を乗せる。そのほか野菜やお好みで薬味を入れて食べる。このスープの甘酸っぱい味の繊細さ・微妙さが味を左右する。

なお、値段について言えば、ボール100球で10万ドン(約500円)、上記のブンチャーは95,000ドン(約480円)。ちなみにダナンでボール100球は8万ドン、フエ通りの店のブンチャーは確か3万か4万ドンほど。ここのブンチャーの値段は高いが、それは雰囲気と安心・衛生(・・・と思われる)の代金も含まれていると考えるべきである。

|

« テト:新年おめでとうございます | トップページ | ハノイ近郊・フェニックス=チャンピョンコースでグロス125 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/54710894

この記事へのトラックバック一覧です: ハノイのゴルフ練習場とブンチャー:

« テト:新年おめでとうございます | トップページ | ハノイ近郊・フェニックス=チャンピョンコースでグロス125 »