« ダナンの「ジュリアナ」を探索 | トップページ | ホーチミン市のイオンモール開店(1):活気ある巨大店舗 »

2014年1月15日 (水)

ダナンからホーチミン市に移動:自国領土のアピール

写真の地図はすでに紹介している。ダナン国際空港の展示物である。今回は、それに外国人が見入っていた。Cimg4234過去の中国地図によれば、南沙諸島と西沙諸島は中国の領土に含まれていないという内容の解説が、ベトナム語・英語・中国語で記載されている。

ここで感心することは、この掲示には事実を示すだけで何も主張が書かれていないことである。たとえば「南沙諸島と西沙諸島はベトナムのものだ!!」とスローガンを言ってしまうと、ダナン訪問の多数の中国人観光客を刺激することになる。さりげなく事実を示すから、出発時間をもてあます外国人観光客も関心を示す。まさにベトナムの自制的な巧みな自己主張である。

こういったことが、日本でもできないのか。成田・羽田・名古屋・関西・福岡など国際空港は多々あるが、上記のようなさりげない展示ができないのか。日本の領土に対する立場をさりげなく世界に発信できると思われる。これは、空港会社ではなく日本政府に対する提案である。


|

« ダナンの「ジュリアナ」を探索 | トップページ | ホーチミン市のイオンモール開店(1):活気ある巨大店舗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/54623490

この記事へのトラックバック一覧です: ダナンからホーチミン市に移動:自国領土のアピール:

« ダナンの「ジュリアナ」を探索 | トップページ | ホーチミン市のイオンモール開店(1):活気ある巨大店舗 »